ポイントの活用

木材利用ポイントで活性化できる地域経済について

今の日本は、都市集中型から抜け出せない状況が続いています。国の政策から地域を大切にする時代に変化しつつあるのです。その一つに木材利用ポイントも存在するのです。他にも故郷納税なども存在します。これらは地域貢献を目指すことで地域特に森林地域が多いところの活性化につながる可能性を残します。スギ、ヒノキ、カラマツ等を木造住宅の新建築等に使うことで地域からポイントを付与され別の地域の商品もしくは現金と引き換えられる等の特典を与えるものなのです。さらに木材を活性化させることは地球温暖化の防止に役立てる等の金額面の効果だけではない地球規模の貢献につながると考えられているのです。日本の森林地域の活性化に木材利用ポイントは利用されつつあります。

木材が見放された時代から変わりつつあります。

高度成長期から順に欧米より輸入に頼った木材利用による木造建築も、今の日本を活性化する目的で地域の木材の見直しが行われるように成りつつあるところから昔に戻る傾向が見えてきます。技術以外の何もかもを輸入に頼り過ぎた結果を変えていくことで国全体の活性化を行いつつ、地域に根ざした産業の活性化を目的とするために、木材利用ポイントと言う別の還元方法を取り込むことで、経済を変える仕組みに取り組みだしているのです。木材利用ポイントの対象期間は、平成25年4月1日から平成26年9月30日までに工事に着手するものと定め、発行申請期間は、平成25年7月1日から平成27年5月31日までとなっています。今まさに日本の木材で建築される建物が増えているのです。